手軽にできる美容施術

注射

しわ予防効果もある

ボトックス治療は、筋肉の動きを鈍くしたり委縮させたり、神経伝達を鈍くさせる働きのあるボトックス製剤を注入することにより、美容効果を得る施術です。主に、表情筋の動きによって現れるしわの治療に利用されますが、筋肉を委縮させて小顔やふくらはぎの痩身、神経伝達をブロックして発汗を止めてわきがや多汗症の治療にも利用されます。注射をするだけなので施術時間は15分から20分程と短く、ダウンタイムも必要ないためすぐに普段通りに日常生活に戻れるのが特徴です。術後の経過を見せるために2週間後に1度診察を受ける以外、通院する必要もありません。そのため、初めて美容施術を受ける人でも手軽にトライしやすいのが特徴です。重篤な副作用も報告されておらず、安心して受けられる施術ですが、ボトックス製剤の品質には気をつける必要があります。安い製剤の中には不純物が混じっているものもあるので、厚生労働省やアメリカのFDAから認可を受けている製剤で施術を受けるようにするのが賢明です。ボトックス注射の効果持続期間は3ヶ月から6ヶ月が一般的で、その期間はしわのないピンと張った素肌が手に入れられると思われがちです。しかし、ボトックス施術はそのような一時しのぎ的な効果ではなく、継続的に施術を受け続けることにより、根本的なしわの形成を防ぐことができるのです。なぜなら、表情筋によるしわは表情を動かすことによりだんだん深くしっかりと刻まれていきますが、ボトックスによって表情筋の動きを鈍くするとしわが刻まれなくなります。しわが深くくせ付けされる心配がなくなるのです。それゆえ、ボトックス注射は20代後半から30代初めのまだしわの目立たない年代から始めると、10年後、20年後の肌により大きな違いが出ると言われています。もちろん、深く刻まれてしまったしわを改善することも可能ですが、アンチエイジング的な目的で受けることもできます。いくつになってもしわの目立たない肌を目指すなら、しわ予防のために早めのボトックス治療を検討してみるのも良いでしょう。

Copyright© 2018 気軽に挑戦できるボトックス治療【身体に大きなリスクを残さない】 All Rights Reserved.